暑すぎる屋外と寒すぎる屋内のジレンマ

夏ですね。暑い日が続いています…
しかし、そんななかでも寒い場所がある。それは何処かというと、冷房のよく効いた屋内です。

私は汗かき体質なので、徒歩10分のスーパーに行くだけでこの時期はTシャツが絞れるくらいに汗をかきます。
そのびしょ濡れのTシャツで店内に入ると、さぁ大変。
あっという間に涼しくなって、涼しいを通り越して寒くなってくる。そしてその急激な温度差に耐えられずに風邪をひくというのが毎年の夏の風物詩と化しております。

あれね、もっと冷房の温度上げてもいいと思うんですよ。店員の人とかたまに上着羽織っちゃってるし。
絶対あれが寒いって感じてる人いっぱいいますよ。
さっきこの記事を書く前に「冷房 寒い」ってネットで検索したら、私と同じようなこと言ってる人たくさんいましたもん。

でも涼しい屋内の温度に慣れてしまうと、今度は暑い外に出るのが嫌になるんですよね…で、屋内でうだうだしてるうちに体が余計冷えちゃって。っていう悪循環。

なんかいい方法ないですかねぇ。
お金かからなくて、大した手間にもならなくて、そんでもって自分に都合のいいような体感温度を感じられる機会が開発されるとか。
…そんなうまくいくわけないですよね
薄手のジャンパーでも引っ張り出してカバンにいつも突っ込んでおこうかな…酒に弱くなったなあと感じてきてる方に良いサプリメントです

新しい相棒を片手にレッツゴー

先日私の野鳥専用カメラに装着していたテレコンが外れなくなり電気屋さんに外して貰うよう修理を依頼した。
私には8年前から使用しているミラーレスカメラがあるが、この修理を依頼する前中望遠のレンズが欲しいなと漠然と思い調べて下見をしていた、そんな数日後の事件だった。
修理を依頼してから数日後連絡があり、外す事は不可能です。
外すのであればレンズを付け直す必要があり費用がかかります、ならば私はそのまま返却をお願いした。
テレコンが外れなくても機能するので野鳥専用にして、古いミラーレスを思いきって買い替えようと決心し電気屋さんへ相談に行き購入した。
8年間頑張ってくれたカメラをボディーだけを変え標準レンズのみを購入し、その代り中望遠マクロレンズを新たに購入した。
今日はそんな相棒に慣れようと今までのレンズは使えるので花を撮りに行ってみたのですが、子供のようにワクワク・ウキウキでした。
何を撮るにも楽しくて今までと違う世界が見られるようになり私の思い描いていた事よりも格段に上をいく働きをしてくれます。
これからの撮影が楽しみで仕方がないですね。女性のミカタを飲み始めて効果があったようです

毎日暑いので、思うこと

私が最近特に気になることは、すごい猛暑な日が多いことです。私のとある東北地方の田舎町でも、37度ありました。この気温なんて、ほぼ平熱よりもあります。私が小さい子供の頃は30度でも、すごい暑い方でした。しかし最近の日本列島は、本当に常夏のハワイみたいに毎日暑いですよね。普通に30度超えても驚かなくなっています。何だか、将来的に日本はどうなるのか心配ではあります。今でさえこんなに暑いのに近い未来はもっと暑くんるんだろうかとか、本気で考えてしまいます。2020年の東京オリンピックも、あと4年後です。きっと今よりも温暖化が進んでいると思うし、もっと暑いのかなと思ってしまいます。
温暖化対策のために節電などはしていますが、こう暑いとエアコンだってつけなければ、熱中症にもなってしまうのでつけてしまいます。だから地球温暖化なんて、電気を使使っていれば、なかなか改善はしないのかなと思ってしまいます。
毎日こう暑いので、少し不安になった事でした。肌への効果だけではなく肩こりまで効果が表れました

高校野球は楽しいね

今日は我らの大阪代表、履正社が一回戦に挑みました。相手は山口代表、高川学園です。履正社のピッチャー寺島くんは今年度ドラフト候補者の中の一人ですが九回一失点の最高のピッチングをしました。打線も四番の二年生の安田くんを筆頭に五得点。この感じだと今年の大阪代表は優勝までいけそうです。次の相手はまだわかりませんが頑張ってほしいです。高校野球を観てると野球がしたくなってきますね。自分も高校生まで野球をしていて弱いながらも甲子園を目指していたので甲子園で野球をしている高校生を羨ましく思います。ちなみに自分の高校は三回戦で敗退しました。(笑)今は草野球をしているのでトーナメントの大会になると燃えますね。負けたら終わりですからね。大人になったら高校野球の時のような必死さはなくなりましたが、怪我をしないようにだけしながら頑張っています。これから高校球児の暑い日が続きます。悔いが残らないように頑張ってほしいです。パウダーだからいろいろなものに混ぜて飲めます

手作りの金メダルが繋いだオリンピックへの道

リオオリンピックの話題で毎日熱いですね。メダルが取れても取れなくても、あの誰もがうらやむオリンピックという舞台に立てることだけでも素晴らしいことです。
でも出場された方の中には、メダルを首からかけながらも悔し涙を流される方もいます。でも本当感動で胸がいっぱい!出場された方の分だけここまでの平たんではない苦労の道もあって、やはりもともとの天性の才能はもちろんだけれど、底知れない努力あってこそですね。
応援する家族なんかも映し出されますが、それを見ていたら、自分まで身内になった気分で応援してしまいます。
私が今の段階で一番心に残っているのは水泳の金藤理絵選手です。8年間の歩みをテレビでも取り上げられていましたが、やめようと思ったこともあるそうですね。
しかも、お姉さんの結婚式での妹に送る手作り金メダルはとても心に響きました。しかも結婚式で渡されるなんてすごいですね。金藤選手は、やめられなくなった・・と話されていたとエピソードにありましたがあの金メダルがきっと、本物の金メダルへと導いたのでしょうね。
本当に心から尊敬します!少しはゆっくりしてほしいなー。深刻な薄毛に悩む前に使うといいものです

夏休みの日にちが昔と違っている

中学生の姪や小学生の甥が夏休みに入りました。夏休みに入る期間は私が子どもだった頃と大差ないと思うのですが、終了の日が全く違っているのです。これには驚きました。
私が子どもだった頃は、7月21日頃から8月31日まで、約40日間の長い休みでした。しかし、最近は40日間もないようなのです。今年は8月29日から学校が始まるそうです。夏休みに入った日にちは7月21日からでしたが、何となく損をしているように感じられます。
それから、宿題も多いような気がするのです。もちろん、地域や学校によって多少の違いはあると思います。ただ、最近の子どもたちは夏休みも塾や習い事があるので、とても大変そうです。私の姪と甥もそうなので、私が子どもだった頃の夏休みのように、のんびりすることはできなさそうな気がします。
こういうところが時代の流れを感じられるところだと思います。少しでも夏休みを満喫できるように、工夫することも大切かもしれません。